ワークショップではアイスブレイクゲーム・ネタをチェックしています

ワークショップに行くときに密かにチェックしているのがアイスブレイクゲームです。私自身もワークショップをすることがあるので、そのためのネタ探しにもなっています。

アイスブレイクゲームとは、主にワークショップの最初に行われるコミュニケーションゲームです。見知らぬ参加者同士が安心してワークショップに参加できるように楽しいゲームを行います。

アイスブレイクゲームは特別なものとは限らず、例えばフルーツバスケットのようなものでもアイスブレイクゲームになります。フルーツバスケットの場合ほとんどの人がルールを知っているので簡単に実施できるというメリットがあります。また、大人になってからやると意外と楽しかったりします。

ワークショップでよく行われているアイスブレイクと言えば、他己紹介でしょうか。全員の前で自己紹介をする前に、二人組になって自己紹介を行い、全員の前ではそのパートナーの自己紹介をするというものです。いきなり全員の前で話すのは緊張するので、最初に二人組で自己紹介できるというのがメリットです。また、後で相手のことを紹介するので、しっかりと話を聞くようになるというメリットもあります(子どもの場合は特にこのメリットは重要になります)。

アイスブレイクゲームには他にもからだを動かしたりするものもありますが、その時と場所に応じて使うのがポイントです。